2017
01.25

職業についていろいろ調べてみました。

世の中にはいろいろな仕事がありますが、こんな仕事もあるのかと思い目についたのが「遺品整理士」です。

どんな仕事なのかというとその名前の通りで、身内だけでは処理しきれない、海外に住んでいて長期帰国ができない、さまざまな事情があって遺品整理ができない人にかわって代行してくれる専門職。

専門職なのできちんとした資格が必要となります。

遺品整理そのものは実際は様々な業者が業務として取り扱っていますが、特殊な作業でもありますから資格の有無は業者の選定をするときに非常に重要なポイントとなるのではないかと思います。

同じ家に住んでいてその身内が亡くなったときでも遺品整理は時間もかかり大変。

そのゴミとなった物を捨てるのも量が増えれば増えるだけ一般の家庭ゴミでは出せない。

故人が一人暮らしをしていたならその整理はもっと大変だと思います。

それが一軒家だったら処分しなければならない物も多い。

だから依頼をするメリットはあるのではないかと私は思います。

他人にやってもらうのは・・・と思ったり、そもそもこのようなシステムがある事を知らない人も多いのでは?依頼するメリットは大きいと思う理由としては体力、そして精神面の負担軽減。

葬儀の場合、仕事を休むことは出来ても遺品整理のために休みは取りにくい。

そして、自分で整理をしていると、どうしても見てしまう。

「あぁ、これいつも使ってたな」と思い出してしまったり、残されたものの内容を確認していくうちに精神的に疲れ切ってしまう。

精神的に不安定な状態で日常生活をするのもしんどい、時間もとれない。

だからこそ依頼するメリットがあると思っています。

※遺品整理に悩んだら…ご相談は遺品整理ネクスト

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.